カードローンの金利を比較するには

カードローンのサービスを提供している会社のサービス提供条件などを見ているとそれぞれに、似たようなところもあれば、違ったところもあります。

それぞれで比較検討をするべきでありますが、もっとも重視しなければならない比較点は金利ということは間違いありません。

似たような金利を提示している場合が多いですが、それでも多少の金利差は存在します。その上、たいていの金利条件は上下でかなり差があり、上限金利と下限金利のどちらを比較すべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

上限金利は利用限度額が大きくないような場合に適用され、下限金利は利用限度額が大きい場合に適用されますので、個人であまり大きくない金額を利用したい場合には上限金利がどのくらいなのかの比較を優先するべきでしょう。

ほんの少しの金利差も金額や返済期間によっては総返済額におおきな違いが出てくる可能性があるのでなるべく上限金利が低いものを選択すべきなのはいうまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です