本当に必要な出費なのか

人生で初めてカードを手にした時、私は妙な安心感がありました。

18歳から仕事をしていたので20歳を機にクレジットカードを作ろう思いたちました。

ただ、彼女が人生初ででき様々な出費がかさみついにカードローンに手をだしてしましました。なぜかというと、引越しです。

その当時の彼女がボロボロのアパートには遊びに行きたくないと言われ。当時の私は、焦って引越しを決意しました。

もちろん貯金も遊びに使ってなく、一人暮らしでしたが親にも頼れなかったのでカードローンを30万ほど借りました。ボタンを押すだけで無限にお金が手に入る気持ちでした。ただし、そこからの返済が大変でした。

借りる状態ってことは日々のお金に余裕がなかったので借りたのであって。返済計画なんて上の空でした。

むしろ引っ越してから彼女がよく遊びに来てくれるのでウキウキ浮かれて返済なんて利息だけでいいいじゃんと思ってしまってました。

ですが、彼女が妊娠して結婚するってなったときその借金が足かせになってしまいました。返済しきれてなかったんです。

それから日々5万ぐらい返し続けて8ヶ月ぐらかかりましたかね。本当に1日1日の生活が大変でした。毎日一食だけなんてザラでした。

だから、借りる前には必ず、それが本当に必要なお金なのかそれがないと死んでしまうのか必ず考えてください。

それと、返済をからなず予定をたて崩さない真面目さも必要ですよ。本当に、お金がないときに死ぬほど困りますから。将来をみてカードローンを組んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です